私たちが守るビルには、特別な思いがあります。

  1. ホーム
  2. 会社案内
  3. 代表者あいさつ

代表者あいさつ

ビルに「いのち」を吹き込む――それがタテカンの仕事です。

代表取締役 大西信治

 ビルは生き物。
 水や電気を送るルートが血管のように巡り、温度を測ったり、異変を感知したりするセンサー群が神経の機能を果たす。設備管理員は情報を整理し状況に対応する頭脳であり、警備や清掃のスタッフは外敵を防ぎ、清潔な環境を守る免疫システムといったところでしょうか。

 ビルに「いのち」を吹き込む――私たち朝日建物管理はそんな仕事に取り組んで半世紀以上になります。設備管理、環境衛生、清掃、警備など建物に関するあらゆる業務を手がけ、総合ビルメンテナンス企業として成長を続けています。

 創業は1957年。大阪・中之島に建設された新朝日ビルの管理のために誕生しました。新朝日ビルは2012年秋、大阪の新ランドマーク・中之島フェスティバルタワーとして再生し、当社が引き続き管理業務にあたっています。
 朝日新聞グループの一員として、東京から福岡までの同社施設を管理しているほか、放送局などのメディアビル、各地のオフィスビル、大規模病院、印刷工場などでも多くの当社スタッフが働いています。

 「タテカン」の愛称のもと、お客様からいただいた長年のご愛顧と、積み重ねた実績が、私たちの誇りです。高い技術力と真心でお客様の安全・安心・快適と発展に貢献することが、私たちの喜びです。
 そして、お客様や地域、社会から頼られる存在であり続けたい。それが私たちの願いです。

 


↑ ページのトップへ戻る