会社案内

お客様も従業員も大切に、それがモットーです



「健康経営優良法人2022」に認定

 朝日建物管理は2022年3月に、優良な健康経営を実践している法人として、「健康経営優良法人」に認定されました。

 2022年4月には健康経営を推進するために、社長による「健康経営宣言」を策定しました。

 

 これからも従業員がいきいきと元気に働き続けられるように、健康づくりを積極的に支援するとともに、全国土木建築国民健康保険組合の協力を得ながら、生活習慣病ほか疾病の発生予防に力を入れるなど、「健康経営」を推進していきます。

健康経営宣言


 朝日建物管理は従業員の力が最大の経営資源です。そして、お客様の安全・安心・快適を守るエッセンシャルワーカーとして、明るくいきいきと働き続けるために、健康の保持増進を図っていかねばなりません。わたしたち従業員の健康が作業品質の向上とお客様満足の向上につながるからです。
 従業員が健康を維持できるように施策を進め、労災・通勤災害を防ぐ取り組みを強化します。朝日建物管理は、会社をあげて健康経営に取り組むことをここに宣言します。

2022年6月24日
朝日建物管理株式会社
代表取締役社長 吉岡 成人

健康経営推進体制

健康方針

数値目標
(達成年度:2027年)

全国土木建築国民健康保険組合 健康度ランキング

 10位以内(2019年度:2位、2017年度:4位)

健康診断受診率

 100%(2021年度:98%、2020年度:99%)

ストレスチェック受診率

 97%(2021年度:92%、2020年度:93%)

特定保健指導受診率

 17.3%(2020年度:8.1%、2019年度:13.3%)

健康行動5つの
取り組み

1.ヘルスアップチャレンジへの参加(東京・名古屋・九州)

 大阪のみ参加していたヘルスアップチャレンジに各拠点も参加し、健康事業所宣言を行い、従業員の健康増進に積極的に取り組む「健康経営」を推進する。

2.健康意識向上のための教育

 年に2回程度、テーマに沿って保健師による講座を開催し、従業員の健康意識向上に努める。またE-ラーニングを使用した管理職に対する「職場健康意識」向上のため研修を実施する。

3.各営業所での健康取組支援

 従来からの熱中症対策・コロナ対策は継続して実施。各営業所でストレッチや体操といった取り組みを習慣化できるよう各営業所の「品質維持活動計画」へ健康取組目標を落とし込む。

4.労働災害・通勤災害防止への取り組み

 従来からの安全パトロールによるリスクアセスメントのチェックを継続して実施する。

5.ウォーキングイベント「歩活」の検討

 従業員へ健康保険組合が提供している「Kencom」を利用したウォーキングイベント(年2回)への参加を促す。